MENU
日本人の平均寿命は年々伸びる傾向にあり、元気な高齢者の方が増えています。 終の住まいなんて、まだまだ関係ない!とお思いの方も多いと思いますが、実は80代になり、若い時に終の住まいの計画を立てていなかったことを後悔する方が増えているのです。 ・まだまだ若い、まだ早いと思っていた ・自宅を売るのことがこんなに難しいとは思っていなかった ・若い営業マンがたくさん来て、誰を信用したらいいかわからない まだ具体的に「最終的な安住の地」を決める必要はありません。ただ、「最終的な安住の地」を決めるための準備は必要です。 ・今の自宅は自由に売買できるのか ・今の自宅の資産価値はどのくらいなのか これを調べておくだけでも、いざ「最終的な安住の地」を決める際にかなりスピーディに対応することが可能です。 まずは、自宅を調べることから始めませんか?

不動産の資産価値を知りたい方はこちら

詳細はこちら


不動産コラム:売却に失敗しない・高く売るコツ

不動産売却査定コラム:注意点

住宅を売る場合にはなるべく住宅ローンの残りを減らしておくことが良いでしょう。四十五歳以上になると、35年ローンが組めなくなってしまいます。古い住居のローンが新居のローンにプラスされないよう、出来るだけ繰り上げ返済するのが一番だと思います。

不動産売却査定コラム:注意点

理想的な営業活動や報告を怠っている不動産会社やスタッフだった時には、例えて媒介契約の満期まで時間があっても関係なく解消する事も可能です。信頼できない場合は、早期決断することをお薦めします。

不動産売却査定コラム:失敗例

売り出し価格を設けるには気をつける必要があります。価格設定を上げすぎると買い手が購入を検討してくれない可能性がありますし、反対に安すぎると、あなた様が予定していた価格に届かない価格で売られてしまう可能性があります。

不動産を高く売りたい方はこちら

詳細はこちら