MENU
日本人の平均寿命は年々伸びる傾向にあり、元気な高齢者の方が増えています。 終の住まいなんて、まだまだ関係ない!とお思いの方も多いと思いますが、実は80代になり、若い時に終の住まいの計画を立てていなかったことを後悔する方が増えているのです。 ・まだまだ若い、まだ早いと思っていた ・自宅を売るのことがこんなに難しいとは思っていなかった ・若い営業マンがたくさん来て、誰を信用したらいいかわからない まだ具体的に「最終的な安住の地」を決める必要はありません。ただ、「最終的な安住の地」を決めるための準備は必要です。 ・今の自宅は自由に売買できるのか ・今の自宅の資産価値はどのくらいなのか これを調べておくだけでも、いざ「最終的な安住の地」を決める際にかなりスピーディに対応することが可能です。 まずは、自宅を調べることから始めませんか?

不動産の資産価値を知りたい方はこちら

詳細はこちら


不動産コラム:売却に失敗しない・高く売るコツ

不動産売却査定コラム:失敗例

少し高すぎる査定金額を出してくる不動産会社は信用をおいてはいけません。相場よりも高い査定額であったことが原因で、売却ができない場合も多く見られます。相場の価格を加味して査定が行われていないと反響が少なく長期にわたって売れ残るという結果になってしまいます。

不動産売却査定コラム:高く売るコツ

物件の購入を希望する人の家族の年齢や現状に関する様々な事柄を集めておくべきです。仕事や学校の都合によりタイムリミットまでに契約をしてしまいたい場合、そうした事を前提に取り引きを進めると、取り引き価格や他の要素が全く違ってくるのです。

不動産売却査定コラム:高く売るコツ

自分にあった不動産業者を選択する場合は、いくつかの業者に巡ってみるのが適しています。不動産屋さんも2店舗巡るだけだと適した不動産屋さんに巡り会えない場合だってあるのです。

不動産を高く売りたい方はこちら

詳細はこちら